NuAns NEO到着しました。

12月頭に予約していたNuAns NEOがついに私の手元にも着弾しました。
銀行振り込みで入金が若干遅れたため、2月6日に到着しました。

というわけで、開封から初期設定について少しまとめておきます。
1.開封
2.初期設定等
3.その他注意等

まず箱から取り出した状態です。CoreとTOP/BOTTOMで1セットです。

Coreの箱を開けると、3段弁当になって取説・本体・USB Type-Cケーブルが出てきます。
良くできているパッケージングですね。

端折ってCoreにカバーを装着した状態です。
TOPがテナージュ、BOTTOMがクラリーノのブラックです。
滑り止め効果を狙ってBOTTOMをクラリーノにしたのですが、テナージュも加工であまり滑りません。
あまり考える必要はありませんでしたね・・・

電源を入れて初期設定をしていきます。起動時のロゴはオリジナルの物でした。

起動すると「デバイスの準備をしています・・・」と表示されます。
1時間ほど待たされましたが、うんすん言わずSIMを抜くと画面が進みました・・・
どうやらモバイルネットワークにアクセスしているのでしょうか?原因不明。

「おかえりなさい」!!IS12T以来のWindows端末です。ただいま。

挿入したSIMに応じて対応するAP一覧が表示されます。
SoftbankのSIMだとこのような感じに。docomoですと、MVNOのAPも登録されて居るようです。
設定する側としては、いちいち入力せずに選ぶだけなのでラクチンですね。

あとは、ひょいひょいと設定を進めていきました。
写真取り忘れてしまった・・・

初期設定が終わったら、充電後にアップデートをしましょう。
多くのバグフィックスが行われているため、カスタマイズしたいですがまずはアップデートです。
おおよそ30-40分くらいでしょうか。
システムアップデート後はストアからアプリの更新も忘れずに。


更新理由については、トリニティさんのブログで触れておりますので、目を通しておきましょう。
[NuAns NEO]まず、何はともあれアップデートを。 | トリニティ株式会社

初期設定で引っかかった点は2点

  • SIMを刺した状態で「デバイスの準備をしています」から進まない。
      >電源をつけたままでSIMを抜いてみてください。これで解決すると思います。
        先に進んだらSIMを電源つけたまま刺し直しましょう。SIMなんて簡単に壊れないので大丈夫です。
  • Wi-FiでDHCPなしでstaticIPを割り当てられない。
      >Windows8ではstaticIPで割り当てられル用でしたが、Windows10から再度ダメになったようです。
       仕方ないので、ルータ側でMACアドレスからstaticIPを割り当てるようにしましょう。
       拙宅のRTX1100で以下の設定を行い、再度Wi-Fi接続をおこない、固定IPにしました。

# dhcp scope bind 1 192.168.1.xx ethernet a4:3b:fa:xx:xx:xx
# save
Saving … CONFIG0 Done .
# show status DHCP
DHCP Scope number: 1
Network address: 192.168.1.0
Leased address: 192.168.1.xx
(type) Client ID: (01) a4 3b fa xx xx xx
Host Name: Windows-Phone
Remaining lease: 2days 22hours 27min. 4secs.
~~~中略~~~
All: 235
Except: 0
Leased: 1
Usable: 234
( Reserved: 5 )

こんな所でしょうか。
初期設定の方ですが、CaveTubeで開封配信をしたのでリンクを張っておきます。
色々初期設定等で詰まっているので、端折ってみればいくらか参考になるかと思います。
NuAns NEO初期設定配信 : CaveTube

とりあえず速報で開封について書きましたが、来週には1週間使ってみての感想等書けたらいいなと思います。
良い点もあり、悪い点もありです。
とりあえず今のロック画面はこんな感じ。
raiouさん白雪姫です。あいたたたた!!しかもWindowsに林檎っちゅーwww

それでは。