中華イヤホンKZ ED9を購入してみました。

来年度の新規案件対応でヒーヒー言ってます。案件が取れるかどうかの対応ですが・・・
取れたら給与上げてくれないかなぁ・・・

ということで、初めて中華イヤホンを購入してみました。2本買ってみたので、まずはKZ ED9の方をレポしたいと思います。
散々レポされてますけど、気にしたら負け。
あと画像の背景はいつも通りカッターマットクオリティなのはお察しください。

中華イヤホンを買ったきっかけ

もともと中華イヤホンを買うつもりはなかったのですが、外出時に使用してるSE215 SPEが良くあるノズル部分の根元にクラックが入ってしまっていました。
5年くらい使っていたのですが、2015年の値上げによって、8000円から1万超えになってしまい、購入に躊躇、どっか新しいイヤホン発掘しようとして、ヨドバシとかで視聴した物のイマイチ・・・

じゃあ中華イヤホンってどうなんだろう

ふと、twitterで「中華イヤホンの出来が良い」のはちょいちょい耳にしていました。調べてみたら意外と評判の良い物が多い。値段もそこまで気にならない物が多い・・・!!じゃあチャレンジしてみようと思いました。

というわけで以下レビュー

KZ ED9

ネットサーフィン(死語)をして情報収集をして「1000円で1万円の音が出る」とすこぶる評判のKZ ED9をぽちっと購入。Amazonでなんと1500円・・・!!なんだこれ大丈夫か本当に!!  
というわけで一日で届きました。まあ安いし良いかなぁと思いつつ視聴してみると確かに凄い・・・  

内容物

換えのイヤーピース(3サイズ)とノズルが付いていました。ノズルは2種類。低音を強調する金メッキ製と、フラットに聞こえる真鍮製のもの。あとは結束バンド。

質感等

値段にしてはしっかりしている。ただケーブルの材質が長く使っているとべたつきそうなのと、ケーブル分岐部が断線しやすそうかな?という感じです。
ただ、値段が値段なので、壊れたら買い直せばいいやと思える値段です。

付け心地

ちょっとフィット感は悪いです。軽いんですが、なんか不安定。ケーブル出し位置のせいかしら・・・?
個人差はありますが、激しい動きをしなければ外れる事はありません。

音質

全体的な音質

評判通り、1500円とは思えない音質の良さです。1万とまでは行かないですが、間違いなく市販の8000円程度の音質はあります。

金メッキ製ノズル

低音が強調される影響でヴォーカルが奥に引っ込んだ感じだが、全体的にバランスが取れた音。
低音が強調されるためドンシャリ気味。そこまで気になるほどドンシャリではない。
高音も金管楽器、弦楽器にもつやがある。特にベースが気持ち良く聞こえる。

真鍮製のズル

金メッキとは違い、全体的にフラットになり、ボーカルも金メッキ製より前に出てきて気持ち良く聞こえる。
低音が引っこんだ影響で、高音の主張が強くなって若干しゃりしゃり聞こえるが、気にして聞かなければ気になるレベルでは無い。
弦楽器も金管楽器も気持ち良く聞こえる。ジャズ系なんか聞いても気持ちが良い。
全体的なまとまりは金メッキノズルよりこちらの真鍮製のノズルの方が纏まっている感じ。
私としてはこちらが好き。

全体的には両方とも女性ボーカルのサ行も刺さること無く、変に籠もったり、ドンシャリ過ぎる事も無く、良く出来ています。

その他

イヤホンのケツがメッシュ処理となっているため、音漏れはカナル型では比較的多い方です。
ただし遮音性は十分あります。

総評

ダメ元で1500円だし失敗しても良いかなと思いながら購入しましたが、予想以上のポテンシャルに驚いています
正直この値段、この音質と出来ならイヤホン購入を考えてる人にお勧めしたい出来です。
ネットでは1万円程度の音質とありますが、そこまではありません。
ですが、間違いなく7000円程度の音質はありとてつもなくコスパの良い製品です。
ただし、前述したとおりケーブルの分岐などがちゃっちいので、断線しやすいおそれはあります。これは使い方によってくるのでなんとも言えません。

Amazonへの商品リンク(アフィ無し)

中華イヤホンの購入を考えている方の参考になると幸いです。